現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


仁丹のフコイダン

やっぱりフコイダンは仁丹。 自信を持ってオススメする5つの理由とは?
~自信を持っておススメできるのには理由があります~

1.仁丹のフコイダンは信頼できる森下仁丹製

私がもしフコイダンを必要な立場であれば、聞いたこともないような、わけのわからない メーカーの製品は絶対選びません。
あなたはどうですか?あのメーカーは信頼できますか。
他にフコイダンを販売しているメーカーがないのならともかく、仁丹をはじめとしていくつか信頼に値するメーカーからもフコイダンは発売されています。
派手な宣伝に惑わされ流されないようにして下さい。
よく検討して購入された方がよいかと思います。
仁丹のフコイダンは、皆様に愛されて創業116年を越える信頼と安心のブランド森下仁丹株式会社の製造商品です。
この何よりも森下仁丹製ということ。
このこと自体が私がオススメする一番の理由です。

2.仁丹のフコイダンは実績のある高分子フコイダン

フコイダンはそもそも自然界に高分子で存在しているもの。
研究で成果が出ているのは高分子フコイダンの方です。
もしあなたやあなたの家族がフコイダンを必要としているなら、必ず高分子のフコイダンをすすめて下さい。
高分子でなければ本来のフコイダンとしての働きは期待できないと考えてください。
私どもの努力不足かもしれませんが、一時は広告量の差などが原因で低分子がよいというような誤解が広まってしまったのが非常に残念です。
低分子フコイダンだとか超低分子フコイダンだとか、さも吸収がよいようなこと書いているサイトがありますが、ただのオリゴ糖をアミノ酸と一緒に一升瓶に入れたようなものも見られます。もはやフコイダンと呼べる代物ではないとすら言われています。フコイダンのようなものをフコイダンだと言ってるだけでしょう。
別に仁丹のフコイダンに限りませんが、フコイダンを購入されるなら絶対に高分子から選ぶべきです。これだけは強く言わせてください。

3.仁丹のフコイダンは高純度フコイダン

フコイダンといってもいろいろあります。
もちろん純度が高いに越したことはありません。
業界内でフコイダンの定義があいまいなのも一つの問題となっています。
だからフコイダンの形を成していないようなオリゴ糖でもフコイダンと言ってしまっている業者がでてくるんです。
そこで、仁丹ではフコイダンの定義を以下のように定めています。
フコイダン含有量(純度)=構成糖(フコース、ウロン酸、中性糖%)+硫酸基(%)

そして、現在販売中の製品は従来品より純度をアップし87.2%となっています。

  新製品 従来品
フコース 40.2% 39.2%
ウロン酸 10.2% 9.4%
その他多糖類 18.2% 3.2%
硫酸基 18.6% 5.8%
フコイダン含有量 87.2% 57.6%


このように硫酸基の割合も高く、純度の高いフコイダンを使用しているのも仁丹のフコイダンをオススメできる理由の一つです。

4.仁丹のフコイダンは安心の沖縄モズクフコイダン

現在フコイダンには沖縄で取れる沖縄モズク由来のものと、トンガ産のものが広く出回っています。さて、どちらがよいのでしょうか。
私であれば国産の方がはるかに安心できます。
あなたはどうでしょうか。輸入物の方が安心という方はあまりいらっしゃらないと思いますが。いかがでしょうか。
トンガというあまりなじみの無い国。しかも実はそのモズクの種類は不明なのです。 トンガ産モズクというのはただ単にトンガで取れたモズクというだけです。よく分かりません。対して沖縄モズクはこれまで研究されてきており実績もある、オキナワモズクという種類のモズクなのです。
安心・安全な国産のオキナワモズク由来のフコイダンであるということもフコイダンを選ぶ大事なポイントです。

5.仁丹のフコイダンは3つのキノコ菌糸体でプラスアルファのパワー

当店で扱う『仁丹のフコイダン+3』、『FU-3000 フコイダン+3菌糸体』は、その名の通りフコイダンだけではなくマイタケ、メシマコブ、冬虫夏草という従来から注目されている3種類のキノコ菌糸体も入っており、それらの複合的な働きも期待ができます。

仁丹ファインケミカルのフコイダン製品は他社製品よりこの点でも優れています。

このページのTOPへ